「KNITOLOGY」の服ができるまで

Description

原料から糸、染め、織り、編み、加工、そして縫製され服となる。

この講座では、この“服ができるまで”の目に見えない長い道のりを辿ります。

国内の「繊維産地」と深く関わりを持ちながら
各地域でものづくりをされている講師の方々にお越しいただき、
服ができるまで、服がつくられる場所、
そして服をつくる人たちの想いをうかがっていきます。

8月30日は「KNITOLOGY」のニットができるまでを学びます。



ゲスト講師<KNITOLOGY / 鬼久保綾子> -福島産地-
“ knit + logy “ [ニットロジー = ニット学] 「実験的に模索しながら、ニットを学問のように追求してゆく」ニットブランド。言葉通り、デザイナー自らが自社に構える編み機で研究を重ね、製品をうみだしている。
デザイナーの鬼久保氏は日本のドレスメーカー学院を卒業後、イギリスの ノッティンガムトレント大学ニット科に進学。 その後福祉デザインに興味を持ち帰国後、慶應義塾大学大学院にて布の触感を研究。2012年よりKNITOLOGYをスタートし暮らしに寄り添う ニットを提案している。


コーディネーター<産地の学校 / 宮浦晋哉>
株式会社糸編代表。千葉県生まれ。杉野服飾大学卒業後、London College of Fashion へ進学。帰国後、繊維産地をまわり始める。年間200社の繊維工場の訪問を通して、工場とデザイナーの橋渡し、国内外のブランドへの素材提案、国内産地に関する執筆・コンテンツ制作・展示会企画・イベントの企画、スペース運営、メディア運営などを行う。2016年より名古屋芸術大学をはじめ、各地の服飾・テキスタイルの学校で、次世代に繊維産地の魅力や情報を共有することを可能な限り行なっている。


開催概要

◆開講日
2019年 8月 30日(金)19:00-21:00(18:30開場)

◆会場
スパイラルルーム(スパイラル9F / 東京都港区南青山5-6-23)

◆受講料
一般 ¥ 3,500(税込)/ 学生 ¥2,500(税込)

◆定員
各回 40名(定員に達し次第締切)

◆お問い合わせ:産地の学校

第2回第4回も合わせてご覧ください!


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#414783 2019-03-02 13:38:29
Fri Aug 30, 2019
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
スパイラルルーム(スパイラル9F)
Tickets
一般 ¥3,500
学生 SOLD OUT ¥2,500

Combini / ATM payment will be closed at the end of Aug 29, 2019.

Venue Address
東京都港区南青山5-6-23 Japan
Organizer
産地の学校
93 Followers